進学前の知識

本

幼稚園や保育園に進学する前の年齡を対象としたプレスクールがあります。プレスクールに参加することでどのような学習う内容を行っているのかあらかじめ知識を得ることが出来ます。

Read more


受験合格を目指す

勉強

子どもの小学校受験を考えている家庭では、幼稚園に通う前から受験について考えている良いです。また、小学校受験の対策が出来る塾などはしっかりとしたサポートが管理されていて人気があります。

Read more


目的に合わせた学習

小学生

個人経営など小規模な幼児教室の方が割安の傾向

幼児教室は通わせる目的が小学校受験を目指すのか否かでタイプが大きく異なってきます。 小学校受験を目指す場合、当然ながら幼児教室は受験科目に合わせたカリキュラムを組みます。中学校より上の学校の受験の場合は大手の塾に通わせた方が、相対的な自分の成績を判断しやすいなどの事情で効果が高いと考えられている傾向にありますが、小学校受験の場合は大手の幼児教室の場合、なかなか成績上位者以外の子供達にまで丁寧な対応をすることが難しいという点にあります。 幼児教室側としては、能力の高い子供たちに確実に志望校に合格してもらえれば、合格者数を確保できますし、中学より上の学校を目指す子供たちと異なり、自分が学習を頑張らなければいけないという義務感に乏しい幼児はなかなか学力の向上を図りにくいからです。 ですので小学校受験を目指す場合は、個人経営などの小規模で、1人1人の子供と対応する時間をしっかりと設けられる幼児教室の方が、効果を上げやすいという傾向もあるのです。 小学校受験を目指さない場合、幼児教室のカリキュラムも、学習意欲や能動的な姿勢を身に着けさせるための内容が濃くなる傾向になります。

小学校受験を目指す大手であれば月に1万円以上、そうでなければ1万円未満も

大手の小学校受験を目指す幼児教室の場合、1か月あたりの月謝は1万円を超えます。平均的には月2万円から3万円程度を見越しておく必要があります。その上、教材費が月謝とは別に相当額必要になるケースが多いです。 個人経営などの小規模な幼児教室であれば、小学校受験を目指しても1か月あたりの月謝が1万円を切るケースもあります。 また、小学校受験を目指さない幼児教室の場合、一般的には週に1回の授業で、1か月あたりの月謝は1万円未満というケースが一般的です。 小学校受験を目指す方が、教材も複数種類必要ですし、週に複数回の授業が行われるケースがほとんどですので、当然といえば当然ですが、小学校を目指さない幼児教室と比べれば大幅に費用が高くなることは念頭に置いておく必要があるといえます。


このエントリーをはてなブックマークに追加